専行寺創建400年記念事業

トップ > 専行寺創建400年記念事業

本尊「阿弥陀如来木像」の文化財調査・御修復が進捗中

専行寺は、開基・成覚坊釋了察法師によって、1620年(元和6)武蔵国豊島郡江戸番町三丁目谷六丁目(現在の東京都千代田区二番町付近)に創建されました。その後、1717年(亨保2)に同地で類焼、翌年に現在の新宿牛込原町に移転し現在に至っています。

現在の本堂は1977年(昭和52)に再建されたものです。2020年(令和2)は当寺が創建されて400年の年でした。

当初、2020年に記念法要をお勤めする予定でしたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大等の事情により、やむをえず延期する決定を致しました。法要の執行は数年先になる可能性もございますが、皆様に安心してお参りいただける日を期し、先行して記念事業を進めさせていただきます。

現在、東京国立博物館と新宿区の協力により、本尊「阿弥陀如来木像」の文化財調査を進め、調査後に修復方針を決定して取りかかります。

なお修復中はもう一体の寺宝である「阿弥陀如来金銅仏」を本堂ご安置します。その他の記念事業として1階仏間の椅子席設営等を予定しています。
 

ご協賛のほどお願い申し上げます。