専行寺の歴史と寺宝

トップ > 専行寺について > 専行寺の歴史と寺宝

専行寺の歴史

専行寺は、開基・成覚坊釋了察法師じょうかくぼうしゃくりょうさつほうしによって、1620年(元和六)武蔵国豊島郡江戸番町三丁目谷六丁目(現在の東京都千代田区二番町付近)に創建され、その後寛永年間に、攝取山・専行寺せっしゅざん・せんぎょうじと号するようになった。

1717年(亨保二)に同地で類焼に遭い、翌年新宿牛込原町の現今の地に移転している。

現在の本堂は1977年(昭和五十二)に再建されたものである。開創以来400年にわたり、お念仏の教えを伝える道場として興隆し、多くのご門徒と仏縁を結んでいる。

sengyouji04
250年の風雪に耐えた旧本堂 1940年(昭和15)頃撮影

sengyouji02-02

現本堂外観

sengyouji01
本堂内陣

sengyouji03_1
書院
sengyouji03_2
茶室

専行寺の寺宝

「阿弥陀如来立像」(木像・御本尊)
「阿弥陀如来立像」(金銅仏)
「阿弥陀如来立像」(木像・お内仏御本尊)
「南無阿弥陀仏・六字名号」(本願寺八世蓮如れんにょ上人御真筆)
「宗祖親鸞聖人御影」
「東本願寺十四世・琢如たくにょ上人御影」
「聖徳太子掛軸図」
「七高僧掛軸図」
松林桂月(1876~1963)作「龍画」 ほか書状

sengyouji05_1
阿弥陀如来立像(金銅仏)
sengyouji05_2
南無阿弥陀仏・六字名号