相談室

トップ > 相談室

仏教一般についてのご相談

◆仏教情報センター テレフォン相談 

03-3811-747003-3811-7470

月~金曜日の午前10時~12時、午後1時~4時
(土・日・祭日、年末年始、彼岸・お盆の期間はお休み)

各宗派の僧侶が曜日別に応答してくれます。詳細はホームページをご覧ください。
> 仏教情報センター ホームページはこちら

浄土真宗の仏事についてのご相談(葬儀・法事・仏壇・お墓など)

care01
◆真宗大谷派東京教区ホームページ「暮らしにじぃーん」

なるほど仏事作法コーナー

※個別の相談をご希望される方は当寺までどうぞ。

※浄土真宗の葬儀について、詳しくお知りになりたい方は『真宗門徒の葬儀-悲しみを深き縁として-』(真宗大谷派東京4組発行・72頁・300円・送料別)をご覧ください。購入ご希望の方は当寺までご連絡ください。

冊子内容の一部をご参考までに下記にご紹介いたします。

「お清め」は不要です!

日本では昔より、死そのものをおそれる心から、「死はけがれたもの(死穢しえ)」とする考え方があり、そして死をきらうことから出た様々な風習が伝わっています。例えば「お清めのお酒」や、火葬の後の「清め塩」などです。

その多くは、習慣として何の疑問もなく行われてきましたが、考えてみれば、生前には家族であり親しかった方を、亡くなったとたんに手のひらを返したように「穢れたモノ」として「お清め」するというのは、まことに愚かで悲しいことです。

私たち人間は、誰しも死に対する不安や怖れ・悲しみを抱えています。それらのものから逃れたいという心が、「お清め」に代表される行為を生んできたのでしょう。しかし、私たちが抱える死に対する不安や怖れ・悲しみは、こうしたおまじない・・・・・のような行為で本当に解決されるのでしょうか。

明治期に活躍した大谷派僧侶・清沢満之きよざわまんし師は、「生のみが我等われらにあらず。死もまた我等なり。我等は生死を並有へいゆうするものなり」(『絶対他力の大道』)といわれました。生きることだけではなく、死することも含めて私たちのいのちの厳粛な営みであると教えられているのです。
仏教では死を穢れとして受け止めることは決してありません。「生死しょうじ一如いちにょ」であるいのちを見失っている私たちに、死への不安や怖れを本当の意味で超えていく眼差しを与えてくれるものなのです。

「あなたはこの限りある生をどう生きていくのですか?」

大切な方の「死」という事実が、私たちの「生」にこのような厳粛な問いかけを与えてくださっています。悲しみを深き縁として、それぞれが自分の生きざまを教えにたずねていく出発点が葬儀なのです。

こうしてみると、「お清め」という行為は、亡き方をおとしめるばかりか、私たちの「生」をも見失わせることになる迷信であり、一切不要であることが知らされます。会葬礼状の中に形式的に「清め塩」を入れて配るようなことも不要です。
こうした迷信に対して、はっきりした態度をとりたいものです。

『真宗門徒の葬儀―悲しみを深き縁として―』本文より

こころの悩みについてのご相談

悩みや苦しみや問題を、おひとりだけで背負っていませんか?
ご自分の思いを言葉にして誰かに話すことによって、問題が整理されたり、こころが軽くなることがあります。家族や友人など身近な方に話しづらい場合は、信頼できる第三者に話してみませんか。お寺はそのような場所です。お気軽にご相談ください。


care02◆東本願寺真宗会館 ココロダイアル

03-5923-556003-5923-5560

毎週金曜 午前10時~午後9時
(祝日・真宗会館諸行事日はお休み) 
※専任スタッフが応答してくれます。
  


◆東本願寺青少幼年センター

メール相談室

友だち関係、家や学校のこと・・・。
子どもたちの悩みに専門カウンセラーがメールでお答えします。
※メールアドレス「sagaesan@higashihonganji.or.jp」からお返事が届きます。受信拒否設定にご注意ください。 

君に伝えたいことがある。

こころの傷は、だれでもない君であるあかしなんだ。
言い負かされることだって、君の生きている足あとじゃないか。
よいこともわるいことも、すべて君が生きているあかし。
なにひとつかくしたり、消すことはない。
すべて君の大切なあゆみなんだ。
胸をはっていつもの道をいつものように歩いたらいい。

『君はそのままでいいんじゃないか』サガエさん作(東本願寺出版部)より一部抜粋

皆様のご相談の内容によっては、専門的な知識を持った方に相談することが望ましい場合もあります。下記サイトで状況にふさわしい窓口を調べたりお電話するなど、ご参考になればと思います。

◆いろいろな相談機関が簡単に検索できるサイトです

いのちと暮らしの相談ナビ

◆厚労省の事業で24時間365日の相談を受け付ける電話です

よりそいホットライン